スタッフブログ

スーパーフード卵の栄養と効果は?

こんにちは!

 

インストラクターの中井です。

 

私のブログで栄養についてたくさん書いてきました。

 

今後は食べ物1つにピックアップして効果と栄養についてお話ししていきます。

 

ようやくMacho’s kitchenらしくなってきましたね!

 

それでは第一回目はスーパーフードの1つについてお話しします!

 

「割ったばかりの卵」

 

 

 

・卵に含まれる栄養

・卵の摂り方

 

 

 

卵に含まれる栄養

卵の栄養価は非常に高いです。

 

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素は全て揃っています。

 

0.3 g
10.3 g
12.3 g
ビタミン
ビタミンA相当量

β-カロテン
(19%)

150 μg

(0%)

3 μg

チアミン (B1)
(5%)

0.06 mg

リボフラビン (B2)
(36%)

0.43 mg

ナイアシン (B3)
(1%)

0.1 mg

パントテン酸 (B5)
(29%)

1.45 mg

ビタミンB6
(6%)

0.08 mg

葉酸 (B9)
(11%)

43 μg

ビタミンB12
(38%)

0.9 μg

ビタミンD
(12%)

1.8 μg

ビタミンE
(7%)

1.0 mg

ビタミンK
(12%)

13 μg

ミネラル
ナトリウム
(9%)

140 mg

カリウム
(3%)

130 mg

カルシウム
(5%)

51 mg

マグネシウム
(3%)

11 mg

リン
(26%)

180 mg

鉄分
(14%)

1.8 mg

亜鉛
(14%)

1.3 mg

(4%)

0.08 mg

セレン
(46%)

※卵100g中の栄養 参考:wikipediaより

 

あんなに小さな食べ物なのにたくさんの栄養が含まれているのですね。

まさにスーパーフードです。

各栄養にリンクを貼りましたので、詳細はそちらで!

 

 

卵の摂り方

卵のオススメの摂り方は二つ。

 

・生

・半熟

 

生の状態で食べると、ビタミンB群をそのまま摂取できます。

ビタミンBは熱に弱いので加熱すると量が減少。

 

その他、半熟にすると栄養の吸収率が上がるので効率的に栄養摂取が可能です。

 

レンジでも半熟卵を作ることができるので、「半熟卵 レンジ」で検索、検索~♪

 

一工夫加えると、卵と一緒にオリーブオイルなどの油分と一緒に摂ると、

脂溶性ビタミンであるA、D、E、Kを効率的に摂取することができます。

 

卵は何にでも合う食品なので、普段のご飯にちょい足しで

栄養摂取していきましょう!

 

 

 

このページの先頭へ