スタッフブログ

知っておきたい水の力👀

こんにちは!

インストラクターの栁澤です。

 

皆さん、プールでエクササイズを行ったことはありますか?

 

ダイエットや運動不足解消に良いことはわかっていても、なぜ良いかご存じですか?

 

今日は水の特性をご案内いたします。

 

1.水圧

空気中に比べ高く、水深1mで0.1気圧となっています。その為、プールに入るだけで血液循環が良くなります!

また、水圧により肺活量は、7~10%程低下します。

そこで運動するため、通常よりたくさんの心肺活動を必要とし、自然と深い「腹式呼吸」ができるようになります。

 

2.浮力

水中での身体は、沈んだ体積に等しい水の重さだけ浮力を受け、軽くなったように感じます。

浮力は、水深によって浮力が異なります。25mプールの水面が胸の高さの方は、約30%の浮力が発生します。

 

3.抵抗

水は空気と比較すると密度で約800倍、粘度で約56倍という性質を持っています。

抵抗にはさまざまな種類があり、動かした方向すべてがトレーニングにつながります。

動かす大きさで強度を調整できます。

 

4.水温

水の伝導率は、空気に比べ約27倍とはるかに大きく、水温が体温より低い場合は、陸上よりも約30%早く

体温を奪われます。

これらを利用し、低い温度では、熱を逃がさないように、皮膚血管を拡張させ、血液の循環が良くなります。

逆に、高い温度では、身体の循環機能が高まります。その為、ジャグジーやスパプールでは疲労物質の除去、

筋肉のリラクセーションなどに効果があります。

 

 

是非みなさんプールでお待ちしております!

 

 

このページの先頭へ