スタッフブログ

モチベーションの仕組み

みなさんこんにちは!

コロナウィルスに引けを取らないほど勢いのあるインストラクター、宮入です。

 

さて、今回は「モチベーションの仕組み」というタイトルでお話を進めていきます。

 

仕組みを説明するためにもまず、

「モチベーションとは何か」について知る必要があります。

 

モチベーションとはズバリ・・・

『人をやる気にさせる「快感」のこと』を指します。

 

「快感」とは、仕事や勉強をしたり、身体を動かすことで

「たのしい!」・「結果が出てうれしい!」

という気持ちを指します。

 

そして、、、「今の行動が快感かどうか」を判断するのは、人の脳です。

 

つまり、、、

 

脳が「快感だ!」と捉えるような行動をしていけば、モチベーションは継続されやすくなるというわけです!

これが、モチベーションの仕組みになります。

 

しかし!!!

ここで注意点が一つあります。

 

それは、「急に大きな快感を与えないこと」です。

 

人の意思は非常に弱いものです。

急に大きな快感を与えてしまうと、人はいつまでもその快感を求め続け、最終的には

「快感についてしか考えられなくなる」

このような事態に陥ってしまう可能性があります。

 

 

たとえば、、、

「痩せてきれいになりたい」と考えた方がいたとしましょう。

 

痩せるためには「食事制限!」「有酸素運動!」と考え、

無茶なダイエットを試みた結果、体重は一気に減りますよね。

 

しかし、生きていくためには食事は絶対に必要ですし、過度なトレーニングはかえって身体にとってストレスになり、健康的とは言えません。。。

 

ところが、本人は「体重が減ったときの喜び」を求めて、

「私はダイエットできないんだ。。」「もっとはやくやせるほかの方法はないのか」

としか考えられなくなってしまうわけです。

 

モチベーションとは「ジェットコースター」のようなもので、

急に上げると、急激に落ちるものです。

 

逆に、ゆっくりと上げていくことで、モチベーションを長く継続させることができます。

 

では、どうすれば良いのか。。。

 

ズバリ、

「明確な目標を決めること」です。

 

・・・・・・

 

 

さて、今日まで欠かさずモチベーションにまつわるブログを読んでくださった方はお気づきでしょうか?

 

はい。

「モチベーションが上がらない原因①」というタイトルでお話をさせていただいた時に出てきましたね。

 

この「明確な目標」を持つことが、夢から現実味のある願いに変えることができるとっておきの方法なのです!!

 

たとえば、男性が「異性にモテたい」という明確な目標を持ったとします。

 

そして、

「異性にモテるためには、鍛えられた身体や服が必要」という将来像を持ち、その将来像に必要なことを書き出してみます。

 

「鍛えるためには、週3日はジムに通う」

「そのためには勇気を振り絞って、必ず飲み会を断る」

「食生活をみなおし、変えられそうなものから最低1つは変える」

 

このように具体的に考えることで将来像を現実にするためのプランを考えることができます。

 

そして目標が設定できたら、「手帳やメモに書き出して、すぐ見直せるようにしておく。」

これも大切です。

 

それを見直すことで、

 

「私は目標を達成したいんだった!」

と、やる気を取り戻せるようになるからです。

 

ポイントは、「できるだけ長くモチベーションが高い状態をキープすること」

これをぜひ意識し、目標を目につくところに置き、何度も見直せるようにしておきましょう!

 

 

このとき、決して「自分にはできないかも」ネガティブな感情は持たないようにしてください。

その時点で可能性を狭めてしまい、モチベーションを上げることが難しくなるからです。

 

 

われわれスタッフは、「変わりたい」もしくは、「変われるかな…?」というポジティブな目標を掲げている方に対して、日々全力でサポートさせていただいております。

 

 

このブログを通して、一人でも多くの方が前向きな気持ちを持ってくださればとても嬉しいです。

 

 

一生懸命ブログを読んでくださった方、本当にありがとうございました<m(__)m>

 

今日をもって、モチベーションにまつわるお話は終わりにしたいと思います。

 

もし、「自分らしい目標を見つけることができない」「何から始めたらいいかが分からない」

という方がいらっしゃいましたら、ぜひ近くのスタッフに声をかけてみてください!

 

心が軽くなりますよっ(*^-^*)

 

長くなりましたが、これにて終わります。

 

 

それでは、また次回お会いしましょう~!

 

 

宮入

このページの先頭へ