スタッフブログ

自己免疫力アップ ~栄養編~

みなさんこんにちは!

最近おならが止まらなくて困っているインストラクター、宮入です。

 

「鼻水の次は、おならかよっ!」

 

はい。

画面越しからこんな突込みが聞こえてきました。(笑)

(頭に「?」が浮かんだ方は、「自己免疫力アップ ~運動編~ をご参照ください)

 

 

冗談のように思われるかもしれませんが、じつはこのおなら問題

わたしの中では最近の大きな悩みなのです。

 

 

なぜか。

 

なんといっても

においがきっつい!!!(硫黄のにおいがします)

 

 

すかしっぺの技術ならだれにも負けない自信があるのですが、

すかしたところで、においが発生してしまっては元も子もありません。。。

 

おならをするのに、かなり神経をすり減らす毎日を送っております。

 

 

汚らしいお話でごめんなさい。

 

さて、今回はそんなおならに関わる

「善玉菌」と、「悪玉菌」について、お話をしていきたいと思います。

 

 

まず最初に、「善玉菌」と「悪玉菌」の特徴を見ていきましょう!

 

「悪玉菌」→・たんぱく質や脂質をエサとして増える菌

・腸の中を腐敗させて、有害物質のほかにアンモニア、スカトールといった臭いガス

を発生させる

・便秘になると増える

・ストレスを抱えると増える

 

 

「善玉菌」→・食物繊維や乳製品をエサとして増える菌

・悪玉菌の活動を抑えてくれる

・腸内の食べ物を発酵し、消化吸収を促す

・腸の蠕動運動(内臓の働き)を促す

 

 

特徴のひとつ目にあるように、このふたつは

何をエサにしているかが違います。

 

悪玉菌は主に、肉や卵などの「動物性たんぱく質」

多く含む食品から取ることで増えていきます。

 

しかし、肉や卵には身体づくりに必要なアミノ酸(たんぱく質を分解したもの)や、ビタミン・ミネラルが含まれており、摂取しなくてはならない大切な栄養素です。

 

じゃあどうすればいいの!?!?

 

 

過剰摂取にならないよう、ご自身の身体に合った適性の量を摂る必要があります。

 

そして、善玉菌の摂取量を多くしながらバランスを取っていけば、

おならに悩まされる日々が少なくなっていくはずです!(ヤッタネ!)

 

次に、善玉菌についてみていきましょう。

 

食物繊維をエサとすると書きましたが、食物繊維には

二つの種類に分けられます。

 

「水溶性食物繊維」

→海藻系・こんにゃく・大麦 etc…

「不溶性食物繊維」

→穀類・野菜・きのこ・豆類・根菜類 etc…

 

しかし、食物繊維も摂りすぎることで

 

・腸内でガスを発生させやすくなる

・便秘を悪化させてしまい、おならの量が多くなったりにおいがきつくなる

*(不溶性食物繊維を多く摂取した場合)

 

というデメリットがあります。

なので、、、

こちらも摂りすぎは禁物です!!

 

もし、「おなら、多いなあ~。臭いなあ~。。」と感じたら、

不溶性食物繊維よりも、水溶性食物繊維の摂取を意識することで

その悩みが解消される可能性が高いです!

 

ぜひ、試してみてくださいね(^-^)

 

 

腸内環境を整えるためにも

しっかり水分を取ることが大切です。

 

水分を取ることで、デトックス効果により

便秘の予防になります。

 

「便秘」は、臭いおならを生み出す諸悪の根源のようなものです。

なんとしても予防しなければなりませんね!

 

また、腸内環境を整えるうえで「オリーブオイル」もおすすめです!

 

オリーブオイルには悪玉コレステロール値の改善や、循環器系の疾患を減らすポリフェノール、オレイン酸などが含まれています。

 

アンチエイジング効果も期待できるので、

美容効果も期待できますよっ!

 

 

さて、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

腸内環境を整えることが消化吸収を上げることにつながり、

健康な身体作りを実現させることができます。

 

腸内環境を整える習慣、お互い身に着けていきましょう!!

 

次回は

「自己免疫力アップ ~休養編~ 」

 

という内容でお送りします。

 

楽しみにしていてくださいね!

 

それでは、またお会いしましょう~!

 

 

宮入

このページの先頭へ