スタッフブログ

知らないうちに歪みをつくる!?「足首まわし」を解説!パーソナルトレーナー小林より

パーソナルトレーナーの小林です。
私が10年以上学び続けている健康情報を毎週金曜日朝10時に更新しています。

「足首まわし」 

って皆さんはやっていますか?

長年身体のことを学び続けていると、当たり前にやっている事でも

それはやめてください!!

と言いたくなる事が多くあります。私も学びながら
そうだったの、、、

なんて事が多くあります。

その一つが「足首まわし」です。

運動の常識になっている「足首まわし」について注意したい事を簡単にお伝えします。

足首まわしは注意が必要な理由

 

結論はこちらの動画をご覧ください。

関節がどんな状態なのかがポイント!

 

身体のバランスを考えた時に、
・硬い関節
・適度な関節
・柔らかすぎる関節

があります。スポーツジムで日々運動をされている方は

・柔らかすぎ関節
になっている関節がある方も多いです。(ハイパーモビリティと言います。)
これは靭帯などの軟部組織が柔らかすぎるため、
・関節が不安定に、、、
結果、筋肉が安定させなければならないため、筋肉がガチガチになりやすいです。。。

ストレッチなどで柔らかくしたいのは硬い関節です!

 

ストレッチなどで動きをよくしたい関節は
・硬い関節

です!そのためにもしっかりと関節の動きを評価する事が必須です。
評価の基準は
・可動域(かどういき)
これは皆さんもよく聞いた事があると思います。

それと、とても大切になるのが
・可動性(かどうせい)
です。これは関節にあるわずかな遊び(わずかな動きですね)
この可動域(かどういき)可動性(かどうせい)がどのようになっているかを観る事で、関節のバランスがわかります。

「私の身体はどうなの?」と気になる方は、私を見かけたら気軽に声かけてくださいね。関節の動きの評価をさせていただきます。

身体は全身でバランスをとって働きます。身体のアンバランスを改善したい方、慢性的な症状でお悩みの方はパーソナル(ソフト整体)で全身を評価し、バランスを改善しましょう。
パーソナル(ソフト整体)詳しくはこちら

ソフト整体

まとめ

 

・関節に合った体操をしよう
・硬い関節を柔らかくしよう
・足首まわしは注意

パーソナルトレーナー小林のプロフィール

 

「こころ」ー「からだ」をつなぐセラピスト
小林 篤史
プロキックボクサーを目指すも挫折。
その後パーソナルトレーナーとして活動スタート。
運動では改善が難しい方には全国で学んだオステオパシー、カイロプラクティック、PNFなど様々な手技を統合したオリジナルメソッドで改善に導いている。
江戸川区大杉にある整体院ライフィールを運営。
詳しくはこちらHPより

このページの先頭へ