スタッフブログ

柔ければいいは間違い!?柔らかい関節、硬い関節の関係☆パーソナルトレーナー小林より

アスリエ一之江にて活動しているパーソナルトレーナーの小林です。

アスリエ一之江スタッフブログでは私が10年以上学び続けている健康情報を毎週金曜日朝10時に更新しています。

今回は
柔らかい関節、硬い関節の関係

について

体が硬いからストレッチをしよう

と頑張っている方も多いかと思います。

特に腰痛や膝、股関節の痛みがある方は注意が必要で
・伸ばしたい関節
・伸ばしたくない関節

があります。これを間違えて
伸ばしたくない関節をストレッチしていると。。。なかなか治らない原因になっていることがあります。

これは以前からお伝えしている
【動きすぎ関節(ハイパーモビリティ)】

のことを指します。

これは関節が緩みすぎている状態になります。
足首の捻挫グセがある方の足関節はこれに当てはまります。

本当に伸ばしたい関節は、
硬い関節です

実は硬い関節があると、その動かない分を他の動きやすい関節が頑張って動いてしまいます。

例えば腰痛の方のバランスで多いのが、
背中の骨である胸椎の関節がガチガチに硬い

それを補って

腰の関節である仙腸関節が動きすぎて負担をかけている

ということが観られます。

まずは硬い関節がどこなのか?分析することが大切になります。
その分析の目安になるのが可動域です。

例えばこの動き タオルを引っ掛けて足を脱力した状態で持ち上げた動きでは正常可動域はこちら

これ以上動く方は動きすぎ
これ以下の方は硬い

となります。硬い方はよく伸ばしましょう。

動きすぎの方は痛みがなければ気持ち位程度で伸ばすと疲労が取れます。

動きすぎていて、普段から股関節や膝に痛みや違和感がある方はこのようなストレッチは控えましょう

関節もバランスが大切です。そのためにも硬い関節柔らかい関節を分析し、適切な運動をしていきましょう!

効果的に身体を整えたい方はパーソナル(ソフト整体)にお任せください
全身を詳細に分析し、あなたにあった施術とセルフケアで根本改善をサポートさせていただきます。

パーソナル(ソフト整体)詳しくはこちらのページをご覧ください
https://lifeal.tokyo/seitai/
ご予約、お問い合わせはこちら

アスリエ一之江 03-3651-4848

整体院ライフィール
https://lifeal.tokyo/contact/

パーソナルトレーナー小林のプロフィール

 


「こころ」ー「からだ」をつなぐセラピスト
小林 篤史

江戸川区大杉で整体院ライフィールを運営。施術や運動を通して「こころ」「からだ」の繋がりを取り戻し、慢性的な腰痛や、心身の不調の改善をサポートしている。技術の高い施術家育成のための講師としても尽力している。二児の父である。
詳しくはHPをご覧ください↓↓↓
https://lifeal.tokyo/guide/profile/
整体院ライフィール LINEお友達募集中
タイムラインで健康情報、テレビでは言わない情報発信しています。

お友達追加はこちら↓↓↓

友だち追加

↑こちらで追加できない場合はLINEのID検索から以下のIDを入力して探してください
@qsu1797k

このページの先頭へ