スタッフブログ

プールって効果あるの?

 忙しさのあまり、運動をおろそかにしがちな現代人。筋肉が衰え、脂肪がつき、崩れ始めた体系を見て「そろそろダイエットを始めなきゃなぁ」と思っている人もいるのではないでしょうか。

手軽に始められるダイエットとしてまず思い浮かぶのが、ウォーキングやジョギングですが、いざ始めてみると体への負担が大きかったり、膝を壊してしまったりと挫折しがち。運動不足の人は筋力も体力も衰えているため、体の負担が大きく、けがをしやすいんです。ダイエットを長く続けられるかどうかは初めが肝心。そこでおすすめなのが、ジムのプールです。

ジムのプールと聞くと、普段あまり泳ぐ機会のない初心者には敷居が高いと思われがちですが、ジムのプールは“泳ぐ”だけではありません。
水中ウォーキングといった方法をご存じですか? 水中ウォーキングは、水の抵抗を利用した運動法で、歩くだけでも全身運動になると言われています。水中なので転んでけがをする心配もなく、水の浮力によって関節への負担が軽減されるため膝や足首、腰などを痛める心配もありません。筋肉量が少なく、けがをしやすい女性にも安心です。

また、もともと慢性的な痛みに悩まされている人でもジムトレーナーの指導のもと、負担をかけずに運動を行うことができます。陸上でのウォーキングを考えるのであれば、ジムのプールに通う方が安全に行うことができるのです。初心者にとっての第一目標は、まず“継続できるかどうか”ということです。体の負担が軽ければ継続にもつながるので、まさに一石二鳥ですね。

では、プールでの運動にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

▼陸上の3倍にもなるカロリー消費量
プールで運動した時の効果は、陸上で同じように運動するよりも高いと言われています。標準身長、標準体重の女性が、プールで1時間水泳を行った場合と、陸上で1時間ウォーキングを行った場合とでは、消費カロリーに約3倍もの違いがあるとも言われています。また、水中でウォーキングをした場合と陸上でウォーキングをした場合でも、1時間当たりの消費カロリーは約2倍も違います。もちろん、その人の体重や運動の難易度によっても違いますが、陸上での運動よりもプールで運動を行う方がダイエットにも効率的なことがよくわかります。

▼脂肪燃焼を促す有酸素運動
水中ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動は無酸素運動よりもより多くのエネルギーを消費します。そのため、脂肪を燃焼しやすい運動と言われ、20分ほど継続してゆっくりとした運動を行うことで効果が出ると言われています。
▼基礎代謝を上げるための筋肉
水中では、水の抵抗や水圧で、歩くのも容易ではないですよね。実は、これが筋肉にとってほどよい負荷になり、筋力アップのためのトレーニングのような役割をしているのです。トレーニングジムで、さまざまなトレーニング機器を使って「もう二度と行きたくない!」となるよりも、優しくトレーニングができるので継続にもつながります。また、こうして筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げることができます。基礎代謝を上げることによって脂肪が燃焼しやすくなるため、痩せやすい体につながります。

▼体温より低い温度の中での運動
プールの水温は体温より低い場合がほとんどです。そのため、体温を一定に保とうとする働きのある人間の体は、プールの中で歩いているだけで通常よりもエネルギーを消費し、脂肪燃焼しやすくなります。

 

是非、アスリエのプールで効率的な運動を!!

お待ちいたしております☆

このページの先頭へ